乾燥肌対策の豆知識とは?

乾燥肌について

女性を悩ます肌トラブルに「乾燥肌」があります。
近年は乾燥肌で肌荒れて悩む人が増えたといいますが
その原因には昔と違って食生活がだいぶ違ってきていることがあげられます。

その他の理由としては、日常の暮らしや身の回りの環境も肌に
影響して乾燥肌となってしまいますが、現代の人が暮らす環境が乾燥肌に
なりやすい状況になっているのも原因していると言えます。

また、腎不全他栄養障害など、内科的疾患が乾燥肌の原因になっているケースもあります。

ドライスキンとも呼ばれる乾燥肌の状態は、皮脂が生成される量が減り水分を保つ大事な働きをしている角質細胞間脂質の機能が低下して角質に含まれている水分の量が減っている状態です。


乾燥肌対策で一番大事なのは保湿です。

ところが保湿というと化粧水もつけ過ぎる傾向が
ありますが、化粧水のつけ過ぎは乾燥肌の原因になってしまいます。

敏感肌の人は特に化粧水のつけ過ぎは止めたほうが良いようです。

敏感肌の知人が酷い乾燥肌に悩んで皮膚科で診てもらったときも、
敏感肌の人は化粧水をつけずにクリームだけにしたほうが良いと、
医師から言われたそうです。

化粧水をつけるとみずみずしくなったような気がしますが、化粧水が
蒸発するときに肌の必要な水分まで蒸発してしまうのだそうですが、乳液も水分が
多く蒸発するときにやはり肌の水分まで蒸発するので、敏感肌の人には美容液がおススメです。

乾燥肌対策に悩んだら、美容液とクリームで様子をみてください。

乾燥肌は、その名前のように肌の水分が不足して肌が乾燥していることが
原因ですから、コスメで肌の保湿をするとともに、
体の水分の水分が不足しないように水分補給を忘れないでください。

全身脱毛

乾燥肌対策はまずは原因を知る事

乾燥肌は、保湿機能がスムーズに行われないことから起こります。

乾燥肌になっている肌は、表面のうるおいがなくなるほか、
かゆみが出たり肌の表面が硬くなり、各層ももろくなっています。

乾燥肌の原因はいろいろありますが、
間違ったスキンケアやバランスを欠いた食生活や、生活の習慣なども影響しています。

また、女性ホルモンの減少も乾燥肌を招くと言われています。
乾燥肌対策で大事なのは、乾燥肌の原因を知って、原因に応じた適切なケアをすることです。

福岡 税理士 有名

間違ったスキンケアには、クリームを塗るときに指で塗りこんだり、
化粧水をしっかり浸透させようとパッティングをし
過ぎたり、血行を良くしようとマッサージをするなどがあります。

これらはいずれも肌に負担をかけることばかりですが、
クリームを塗るときは指が肌につくかつかないぐらいの弱さで塗ります。

決して強く塗らないでください。

ちなみに指に薬指というのがありますが、薬指は指の中でも一番力が入らない指です。
薬を塗るときは力が入り過ぎないようにとの昔からの教えですが、
クリームを塗るときも肌に刺激を
与えなうようにそっと塗るのがコツで肌にダメージを与えず肌の乾燥を防ぎます。

また、洗い過ぎも肌の必要な皮脂まで取りすぎますし、
洗顔のときの熱いお湯も皮脂を取りすぎますし、
肌にダメージを与えてしまいますから、ぬるま湯で洗顔をするようにしてください。

ビタミン不足他栄養のバランスを欠いた食生活も乾燥肌の原因となりますから、野菜類を多くした食事をおススメします。

マイナチュレ 口コミ

肌老化の始まりは乾燥肌

体の機能も肌も年とともに衰えてはいきますが、
ケアの仕方で衰えを防げたり、あるいは年齢以上に衰えて老けて見えることもあります。


肌老化の始まりは肌乾燥と言われていますが、乾燥した
肌は潤いがなく見た目年齢を上げてしまいます。

防げるものなら防ぎたい肌の乾燥ですが、
若いうちは少々スキンケアに手を抜いても、
それほどダメージを受けずにすみます。


しかし、お肌の曲がり角と言われる25歳を過ぎると急速に
肌の衰えが進み、きちんとケアしないときなど、如実に肌に表れてしまいます。

肌老化を早めるのが肌の乾燥ですが、
肌を乾燥させて肌老化を早める最大の敵と言われているのが紫外線です。

紫外線は子供の時に大量に浴び過ぎても大人になってから影響が表れることがあります。

なので、昔は子供が日焼け止めクリームを塗ることは
ほとんどなかったのですが、今は小さい子でも日焼け止めクリームを塗るようになっています。

紫外線による肌の乾燥から肌の老化を早めるものを
「光老化」と呼んでいますが、光老化の他、暖房や冬などの
乾燥した戸外の風による「風老化」もありますが、いずれも肌が乾燥する事から起こります。

光老化を防ぐには、紫外線を避けることや水分の補給があります。

一方の風老化による乾燥肌対策には、加湿器などの利用で部屋の湿度を
保つことや、冬の寒い戸外に出るときはマスクをして乾燥した風から肌を守ってください。

冬の乾燥した部屋は体の水分も奪われて
乾燥肌にしてしまいますから、水分をしっかり摂るようにしてください。

脱毛サロン キャンペーン